和歌山市 (JR和歌山駅近く)にある小児科医院。循環器, 呼吸器, アレルギー, 発達障害 ( ADHD ), トラベルクリニックにも対応

ブナアレルギー 発生中

ブナアレルギー 発生中

4月11日からブナ(どんぐりの木)の花粉飛散が開始しました。

 ブナ花粉症は、ハンノキ、シラカンバ花粉と共通抗原を持っており、和歌山市内の場合、血液検査でハンノキやシラカンバアレルギーが認められる場合は、ブナ花粉症と考えられます。

 症状の多くは、鼻炎(鼻血)と結膜炎と顔面の皮膚炎で、酷くなると、フルーツアレルギー(桃やビワ、イチゴ、リンゴなど)を伴い始め、さらに悪化すると、豆乳や生大豆アレルギーを生じてきます。

 花粉眼鏡、マスク、顔面へのワセリン塗布と帰宅後の洗顔で対応し、酷い場合は、鼻うがいも有効です。

 ゴールデンウイーク明けくらいまで続きます。
a:545 t:5 y:2

コメント

  • 教えて下さい

    娘7歳が、昨年から花粉症(ブナ)になり、今年は口腔アレルギーになってしまいました。外遊びさせてあげたいのですが、マスクして外遊びしてもいいでしょうか?
    花粉に触れれば、触れるほど、アレルギーは強くなるのでしょうか?


  • Re: 教えて下さい

    >>1
    マスクと顔面~首にワセリンでブロックしてください。
    年々悪化しますので、出来る限り吸い込まないように、肌に触れないように。
    5月末で飛散は終了しますが、暫くは木の近くに行くと、症状が出ます。公園に多いので注意してください。


  • このコメントは管理者による承認待ちです。



認証コード7948

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional