和歌山市 (JR和歌山駅近く)にある小児科 ・ 内科 医院,小児科 専門医、臨床内科専門医がそれぞれ担当, 循環器 ・ 呼吸器 ・ アレルギー , 発達障害 ( ADHD ), トラベルクリニックにも対応

2018年風疹流行/そろそろ和歌山市内も注意を

2018年風疹流行/そろそろ和歌山市内も注意を

a:223 t:5 y:5

2018年8月頃から話題となっている東京での風疹流行ですが、徐々に広がってきています。

2013年の大流行のグラフから推定すると、そろそろ、和歌山市内でも流行が始まりそうです。

ワクチン接種は自費ですが、希望する方は、急ぎましょう。

 特に1987年以前の誕生日の男性は、抗体価が低く、感染率は女性の5倍となっています。無条件で麻疹風しん混合ワクチンを接種した方が良いです。流行すると、ワクチンは枯渇して接種できなくなります。

風疹は、男性が罹患しても、本人には、ほとんど悪影響はありませんが、妊婦さんに悪影響が出る病気です。

女性の風疹抗体価が十分あっても、パートナーの男性が風疹に罹患してしまうと、胎児に悪影響がでる可能性は否定できなくなります。

風疹の過去の流行歴と和歌山での発生

都道府県別発生数

案の定、出荷調整

本日2018/10/30ですが、案の定、麻疹風しんワクチンは出荷調整かかりました。
いつもの通りですね。orz

コメント


認証コード2634

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional